分科会のご紹介

FIoTコンソーシアムでは、研究会の他に6つの分科会の開催がございます。

コンソーシアムの会員様であれば、どの分科会にもお申込みいただけますので、是非ご参加下さい。

【分科会名】

お問合せ先:【メールアドレス】

健康・診断・医療・衛生・バイオ分野のセンシングデバイスの最新動向の調査と開発を行います。専門家による講演や現場ニーズ調査、技術交流会等による情報共有とプロジェクト化に向けた議論を行い、産学官連携強化を目指します。

<技術紹介 資料>

【技術紹介】

<次回の開催について>

【メールアドレス】
→お申込みはこちら

【分科会名】

お問合せ先:【メールアドレス】

本分科会では、IoT・AIを実現するために必要な基礎技術(ロボット制御技術等)の講習を行います。さらに、参加者の交流会や現場見学会等を通じてニーズとシーズのマッチングを行い、パートナーとしての協力関係を構築することを目指しています。

<技術紹介 資料>

【技術紹介】

<次回の開催について>

【日程】
→お申込みはこちら

【分科会名】

お問合せ先:【メールアドレス】

量子技術やMEMS技術に基づく次世代センサに関係する機能性材料、製造プロセス技術、センシングデバイスの最新動向について専門家による講演や産総研の技術紹介を行い、情報共有と議論を通して技術開発要素の策定と共同研究の実施や公的資金への共同提案を目指します。

<技術紹介 資料>

【技術紹介】

<次回の開催について>

【日程】
→お申込みはこちら

【分科会名】

お問合せ先:【メールアドレス】

居住空間やオフィスといった生活環境、特に、①介護福祉見守り、②作業環境中の見守りに関するに関する高度なセンシング技術について技術動向調査や議論を行い、参加メンバーの技術開発力向上、技術開発戦略の策定やメンバー間の連携、あるいは助成金の獲得や実際の共同研究開発に繋げる取り組みを行っています。

<技術紹介 資料>

【技術紹介】

<次回の開催について>

【Aグループ】
【日程】
【Bグループ】
【日程】
→お申込みはこちら

【分科会名】

お問合せ先:【メールアドレス】

機能性を有するフレキシブルデバイス(センサ、ディスプレイ、表示素子)を生産するプロセス技術の具現化を目指します。インクジェット工法では、ヘッド・材料・装置・デバイス構造などのプロセス工法を俯瞰することが要求されます。総合的に考える場を提供します。

<技術紹介 資料>

【技術紹介】

<次回の開催について>

【日程】
→お申込みはこちら

【分科会名】

お問合せ先:【メールアドレス】

応力発光技術の導入や実装の際に知りたい、活用実績の共有、対応する製造・施工・計測方法等の情報共有、の他に、新たな適用対象と課題の抽出、協奏的課題に対する連携可能性の意見交換(特に国家プロジェクトの核創出)等を通して、応力発光技術の普及と市場形成を促進することを目的としています。

<技術紹介 資料>

【活動内容 参考資料】

<次回の開催について>

【日程】
→お申込みはこちら